スポンサードリンク


人気ブログランキングへ

2008年06月13日

白内障と視力

白内障は、眼球の中の水晶体が濁ってしまう病気です。
水晶体は目の中でレンズのような役割をしている器官で、私たちはこの水晶体に光を通すことにより、ものを見ています。

この水晶体が濁ってしまうわけですから、白内障は当然、視力に影響のある病気です。

しかし初めは視界がかすんできたり、二重三重に見えたり、光が異常に眩しく感じられるようになります。 ですから、初めのうちは「あれ? 疲れてるのかな?」と思う程度かもしれません。

しかし水晶体の濁りが更に進むと、明らかな視力低下がみられるようになります。黄褐色の着色が強くなると、暗い所で目が特に見えなくなったり、一時的に近くが見やすくなったりと、視力が不安定になってきます。

更に進み、瞳の中央が外から白く見えるほどにまでなってくると、白内障が溶けだしてきてひどい炎症や緑内障を引き起こすようになります。
これは痛みをともなってくる症状です。

こうなる前に早めに病院に行き、お医者さんに相談しましょう。

白内障の手術は、この水晶体を人口のレンズと入れ替えること。
ですから、手術後は視力が回復します。

しかしまれに砕いた水晶体の一部が目の奥に落ちてしまい、さらに別の症状を引き起こす可能性もあります。(これは三井記念病院で開発された「プレチョップ法」によってほぼ心配なくなっています)

また、水晶体を入れていた袋が濁ってしまい、「後発白内障」を引き起こす可能性もあります。(手術によって改善させることができ、こちらは再発の心配はほとんどありません)

手術をしたからと言って安心はせず、視力に異常を感じたらお医者さんに相談しましょう。
タグ:白内障
posted by chao at 18:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100411270

この記事へのトラックバック

☆癒し娘紹介☆かなちゃん
Excerpt: 大変お待たせしました。黒髪スレンダー足長可愛い娘ちゃんでございます。少女のような可愛さと大人の色っぽさが同居した二世帯住宅な女の子です。
Weblog: 癒し家ブログ
Tracked: 2014-09-30 06:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。