スポンサードリンク


人気ブログランキングへ

2008年10月27日

白内障の原因色々

白内障の発症年齢は人それぞれですが、一般的には45歳を超えた辺りからが多いそうです。
その発症率は年齢を重ねるごとに増えて行き、80歳以上になるとほとんどの人が白内障を発症していると言われています。

こう考えると、白内障は病気と言うより、老化現象の一種なのかもしれませんね。

年齢を重ねると肌にしわやシミができてしまうように、
年齢を重ねることで眼球の奥の水晶体がにごってしまうわけです。

ですが白内障の原因はそれだけではありません。
老化すること以外にも、様々な原因があります。

老化は防ぐことができませんが、
それ以外の原因でしたら、努力しだいで防げるものもあります。

先天性・・・生まれつき白内障になっていること。早めの手術が必要とされます。

生活習慣病によるもの・・・糖尿病、ガラクトース血症
糖尿病によって発症した白内障は、普通の人よりも進行が早いとされています。
年数にすると10年分くらい。驚きの数字です。

胎内での感染・・・風疹、トキソプラズマ、サイトメガロウイルス
母親が気をつけることで、リスクを減らすことが可能です。

外傷性、電撃外傷
硝子体手術後、SF6等ガス挿入後、有水晶体眼内レンズ挿入眼など。

有害光線(紫外線や赤外線)によるもの・・・サングラスをかけることでリスクをへらすことが出来ます。

原爆やレントゲンなどによる放射線被曝

薬物性・・・ステロイド、クロルプロマジン、塩酸ピロカルピン(縮瞳薬)
病院で処方された薬が原因で・・・ということもあります。
心配でしたらお医者さんに相談しましょう。

アトピー性皮膚炎の合併症
アトピーのかゆみのせいで、叩いたりつねったり刺激を与えたからという説も。

上記のような原因と区別するため、老化による白内障は「加齢性白内障」と呼ばれています。
「老人性白内障」という言葉もありますが、最近ではほどんとつかわれていません。
タグ:白内障
posted by chao at 10:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108670463

この記事へのトラックバック

福岡県 - 直あど交換所
Excerpt: 地域別お相手検索機能で直あど交換!
Weblog: 福岡県 - 直あど交換所
Tracked: 2014-06-03 10:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。