スポンサードリンク


人気ブログランキングへ

2009年04月01日

白内障 種類

白内障には、生まれつき病気になってしまう先天性と、加齢などで病気になる後天性があります。後天性の中には、いくつかの種類があります。

白内障の種類別に説明をしていきます。
先天性白内障は、生まれながらにして、目の中の水晶体に濁りがあります。これは、体内感染などが原因で起きるものです。

白内障で最も患者さんが多いのが、老人性です。年を重ねることで、目の中の水晶体が濁っていくもので、早い人は50代から、多くは70歳前後になると症状がみられるようです。
ケガが原因で発症してしまう外傷性は、水晶体を包んでいる袋が傷ついたり、眼球が傷ついたりして、間接的に水晶体にまで影響が出てしまい、症状が出てしまうものです。

併発白内障は、長い間、目の病気にかかっていて、水晶体にも栄養障害が出てしまった時に発生してしまうものでし、糖尿病の患者さんは、水晶体の新陳代謝に影響が出て、水晶体が濁るようです。若い人が発症すると、症状の進み具合が早く、目が見えなくなる危険さえあります。

アレルギーなどに使われるステロイドの入ったお薬を使い続ける場合にも、水晶体が濁るし、レントゲンや原爆などにより、放射線の害を受けた場合に、症状がでてしまう場合もあります。ガラスを作る仕事をしている人は、赤外線を浴びているために、目にダメージを与え、症状が出ることがあるし、アトピーやダウン症でも、症状がみられることがあります。

この様に、白内障の種類は、原因毎に分かれています。
ラベル:白内障
posted by chao at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。