スポンサードリンク


人気ブログランキングへ

2009年04月25日

白内障 原因

白内障の原因は、加齢やアトピー性皮膚炎の合併症、外傷や糖尿病や薬の副作用などがあります。中でも、多いのが加齢による老人性白内障です。

お母さんのおなかの中にいる時に、風疹に感染すると、生まれつき、水晶体が濁ってしまう事もあります。

人は、年齢を重ねていけば、体のあちこちにいろんな障害が出てきます。白内障も、そんな障害の一つで、老化が原因なのです。ですが、パソコンを使う人が増え事で、電磁波を浴びたり、オゾン層が壊れたことで、体の害のある紫外線を浴びることで、30代後半の若い人でも、発症する人が増えているようです。

水晶体の成分のタンパク質が関係しているようです。
若い頃は、目の中のビタミンCが酸化を防ぎますし、タンパク質や脂質を分ける成分も入っているので、白内障から守ってくれます。でも、年を重ねていくと、目を守っている力が減ってしまい、タンパク質が、酸化されてしまうため、水晶体が濁ってしまうようです。タンパク質の酸化は、紫外線による活性酸素も原因です。

活性酸素は、農薬や食べ物の添加物にも含まれています。本来なら、バイキンや病原菌を滅ぼす働きがありますが、その数が増えすぎると、よい菌も壊してしまいます。外で紫外線を浴びてしまうと、活性酸素が発生し、水晶体の中のタンパク質まで、酸化してしまい、水晶体が白く濁ってしまうのです。一度濁った水晶体は、透明には戻らないため、体の中の余った活性酸素を減らし、自らで要因を作らないようにすることが、大事になってきます。
タグ:白内障
posted by chao at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118075087

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。