スポンサードリンク


人気ブログランキングへ

2008年04月14日

アトピー性白内障

一般的に白内障は、年齢を重ねることで起こる病気です。
ですがどの病気にも例外があるように、例外はあります。

生まれつきの水晶体が濁ってしまっている先天性白内障もそうですし、今日お話しするアトピー性白内障も、年齢に関係なく起こります。

アトピー性白内障とは、アトピー性皮膚炎の併症として起こる白内障のことです。

その原因ははっきりとは分かっていません。
今一番有力だと思われているのは、外傷説。

かゆみを我慢できずに手でこすってしまったり、かゆみを紛らわすために強く叩いてしまうことによって起こるのではないかと言われています。
一時的にそうしただけなら大丈夫ですが、こすったり叩いたりを何年も続けていると、それらが原因で水晶体が濁ってしまうことになります。

予防は何よりも、眼球に不必要な刺激を与えないようにすること。
定期的に眼球を検査し、皮膚科のお医者さんとも相談しながら、アトピー性皮膚炎の治療を進めていきましょう。

アトピー性白内障は眼をこすったり叩いたりの積み重ねで出てくる症状ですから、幼児にはあまり出ない症状です。
よく出てくるのは、10代後半から。

小さいうちから親が子供の仕草を気にしておく必要があります。
子供がよく目をこすっている、よく目を叩いている、といったことがあるなら要注意。

お医者さんに相談した方がいいかもしれません。
力付くでやめさせるのはちょっとかわいそうです。

子供はかゆみに耐えられずにそういった仕草をしているのですから。
根本的な原因を取り除いてあげましょう。
タグ:白内障
posted by chao at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93677794

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。