スポンサードリンク


人気ブログランキングへ

2008年05月14日

白内障の予防

白内障とは、眼球の中でレンズの役割を果たしている器官――水晶体が濁り、視力が低下する病気です。
殆どは加齢とともに発症し、80歳以上になると、症状の出方には個人差がありますが、発症率はなんとほぼ100%。

そんな白内障ですから、完全な予防策は残念なことに存在していません。
それでも、少しでも症状の進行を遅らせたり、視力に影響の出ない程度に抑えたりすることは可能です。

白内障は、はっきりとした原因があって発症する病気ではありません。

しかし、次の項目に当てはまる方は白内障の発症率が高く、症状の進行も早くなると言われています。
・目に外傷を受けた人
・コルチコステロイド薬など、特定の薬を長期間にわたって使用していた人
・目の周囲に放射線(X線)療法を受けたことがある人
・目の炎症性疾患や感染症にかかっている人
・糖尿病にかかっている人
・瞳の色が濃い人
・直射日光に長時間さらされていた人
・栄養状態がよくない人
・喫煙する人

上記が白内障の原因を引き起こす可能性があるわけです。
ということは、上記のようなことをしない・引き起こさないように気をつければいいわけです。

具体的には、紫外線を防ぐコーティング処理を施したサングラスを使用する習慣をつけること。こうすることで眼を太陽の光から守り、白内障を予防できる可能性があります。

タバコを吸わないことも白内障の予防になります。また、禁煙はそれ以外の面でも健康によいことです。

糖尿病を予防するために適度な運動と栄養バランスのとれた野菜中心の食生活を。
すでに糖尿病と診断されている場合は、お医者さんと相談しながら自分の血糖値をしっかり管理するようにしてください。

食生活ではビタミンC、ビタミンA、カロチノイド(ほうれん草やケールなど、濃い緑色の野菜に多く含まれている色素)を多く摂取すると予防できる可能性があるそうです。

更年期以降の女性では、エストロゲンというホルモンの補充が予防に役立つ可能性がありますが、白内障予防だけを目的にエストロゲンを使用すべきではありません。副作用を引き起こす可能性があるからです。お医者さんとよく相談して下さい。

長期にわたってステロイド薬を使用している場合は、他の薬に変更できないか、お医者さんに相談してみるのもいいかもしれません。
ラベル:白内障
posted by chao at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。