スポンサードリンク


人気ブログランキングへ

2008年05月29日

若年性白内障

白内障とは、眼球の中のレンズ――水晶体が濁ってしまう病気。
これの原因は主に加齢ですが、若くして発生させてしまうこともあります。

分類としては、40歳未満で発症した白内障を、若年性白内障と呼んでいます。

年齢とともに進行する病気ですので、実際の年齢が若くても発症してしまう可能性があります。
実年齢と身体年齢は違いますから。

原因は、身体の中は思ったよりも歳をとっていた……というのもありますが、目のけがや網膜剥離手術や硝子体手術、緑内障手術など、目の手術を受けた場合。

また、ブドウ膜炎などの目の病気。糖尿病やアトピー性皮膚炎、栄養失調も若年性白内障の原因になります。
しかし、発症しても、原因が特定できないことが多いです。

上記のような原因だけではなく、遺伝や放射線・赤外線の影響、副腎皮質ホルモン・ステロイド剤・抗精神病薬などの副作用として白内障を発症させる可能性があります。

意外と落とし穴なのは、若いころの眼のけが。
完治していた目のけがでも、年齢を重ねるとそれが原因で発症させる可能性があります。

若いころに目に打撲を受けていた場合も、歳を取ってから白内障が発生する可能性があります。
こういった白内障を「打撲性白内障」と呼んでいます。

アトピー性皮膚炎が原因で発生させた場合、網膜剥離を引き起こす可能性が通常よりも高くなっています。
まぶたや目のかゆみのため、目をこすったり叩いたりすることが多いからです。

また、元々のアレルギー体質も原因になるようです。
タグ:白内障
posted by chao at 08:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょくちょく来させていただきます。
よかったら私の方もご覧いただけると光栄です。
Posted by 白内障 at 2008年06月05日 09:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98384869

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。