スポンサードリンク


人気ブログランキングへ

2008年09月25日

老人性白内障

老人性白内障とはその名の通り、年齢を重ねることで発症した白内障です。
通常、白内障は歳とともに進行していく病気ですから、一般的に白内障と言うと、この老人性白内障のことを指しています。

老人性白内障には、以下のような特徴があります。

・かすんで見える
水晶体の濁りが中心部にまでくると、視界がかすんでくるようになります。
濁りが更に進行すると、かすみも強くなり、そのうちものが見えなくなってきてしまいます。

・光が異様にまぶしく感じられる
水晶体が濁ると、光がその部分で反射します。このため、光の強い戸外や逆光では強い眩しさを感じ、ものが見えにくくなりまる。
中心部に濁りがあると、感じられるまぶしさは特に強くなります。

・暗い所で見えにくい
暗い所でものが見えにくいのは当たり前の話ですが、通常、暫くその場にいると目が慣れてきます。目が慣れてくるとある程度のものは見えてくるようになります。
見えない状態がいつまでも続くのなら、白内障を疑ってみましょう。
水晶体は、年齢を重ねると黄色に着色してきます。これに水晶体の濁りが加わると、暗い所で特にものが見えにくくなります。

・一時的に近くが見やすくなる
水晶体の中心、核の部分に濁りが強くなると、屈折力が大きくなり、一時的に老眼が治った状態――近くが見える状態になります。老眼鏡がいらなくなる、と喜んでしまう方もいるようですが、今度は逆に遠くが見えなくなってしまいます。

・ものが二重、三重に見える
水晶体がどう濁るかによって、現れる自覚症状も変わってきます。
水晶体の濁り方によっては、ものが二重・三重に見えるようになります。

・眼の痛みや充血はない
水晶体には神経も血管もありません。このため、白内障になっても痛みや充血はありません。
これが白内障を放っておいてしまう原因かもしれません。

しかしごくまれに、水晶体の濁りが進んで緑内障になることもあります。
こうなると痛みを伴います。
ラベル:白内障
posted by chao at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

白内障に役立つサプリメント

白内障は年齢と共に発症・進行していく病気です。
ですから、完全に防ぐことは難しい病気です。

しかし発症や進行を遅らせることは可能です。

健康的な食生活、目に強い刺激を与えない、外に出る時はUVカット加工されたサングラスで目を紫外線から守る。
こんな予防法が有名ですが、もう一つ、サプリメントを定期的に摂取する方法もあります。

以前行われた研究で、白内障の予防にはビタミンCとビタミンEが関係しているという結果が出ていました。
それはもちろん間違っていないのですが、最近の研究ではもっと注目すべき成分が分かっています。

それがルテインです。

ルテインとは「カロチノイド」の一種で、野菜や果物に多く含まれている栄養成分です。

これは人にとって非常に重要な栄養成分で、このルテインは人の眼球に含まれています。特に「黄斑部」と呼ばれる場所に多く蓄積されています。

このルテインですが、加齢や活性酸素などが原因でどんどん減少してしまうのです。
ルテインが減少すると、いろいろなトラブルが出てきます。

ルテインは体内で作ることのできない栄養成分です。
ですから、食品からルテインを摂取する必要があるのです。

ルテインはサプリメントとして市販されていますから、気になる方は薬局などで探してみて下さい。

ですがルテインを摂取したからと言って、白内障が治るわけではありません。
一度水晶体が濁り白内障を発症させてしまうと、残念ながら元には戻りません。

ルテインはあくまでも予防・または少しでも症状の進行を遅らせるためと考えて下さい。
ラベル:白内障
posted by chao at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

糖尿病と白内障

糖尿病が原因で起こる白内障を、糖尿病白内障と呼んでいます。

糖尿病白内障とは、糖尿病による眼の合併症のひとつ。
眼の中でレンズの役目をしている水晶体が濁ってしまう病気です。

これは通常の白内障と同じですね。

白内障は年齢とともに進行する病気ですが、糖尿病があると年齢以上に白内障が進行しやすい傾向にあることが分かっています。

糖尿病白内障と診断するには、散瞳薬を用いて瞳孔を開かせた状態で、細隙灯(さいげきとう)と呼ばれる顕微鏡で検査をします。この検査で水晶体の濁りが確認されると、白内障と診断されます。

濁りが水晶体の核なのか、皮なのか、水晶体嚢下(すしょうたいのうか)なのかもこの診察で判断できます。

真性糖尿病白内障の場合は、皮に多数の点状の濁りからまず始まり、それらが徐々に融合していく形で白内障が進行します。

白内障手術をするかどうかは、視力検査と自覚症状の有無により判断します。

糖尿病白内障の予防には、何よりも血糖値のコントロールが大切です。糖尿病により発症する白内障ですから、糖尿病の症状を抑えれば白内障の進行も食い止めることができます。

ただ、水晶体の濁りは、一度進んでしまうといくら血糖値を正常にコントロールしても、改善させることはできません。
現時点での最適な糖尿病白内障の治療法は、通常の白内障と同じように、手術を受けることとなっています。

手術を受ける場合、糖尿病を持っている人は通常の人よりも特に普段の健康状態を気にかけなくてはいけません。
お医者さんとよく相談し、お医者さんからの指示を守り、体調を万全に整えたうえで手術にのぞんで下さい。
ラベル:白内障
posted by chao at 20:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

白内障と視力

白内障は、眼球の中の水晶体が濁ってしまう病気です。
水晶体は目の中でレンズのような役割をしている器官で、私たちはこの水晶体に光を通すことにより、ものを見ています。

この水晶体が濁ってしまうわけですから、白内障は当然、視力に影響のある病気です。

しかし初めは視界がかすんできたり、二重三重に見えたり、光が異常に眩しく感じられるようになります。 ですから、初めのうちは「あれ? 疲れてるのかな?」と思う程度かもしれません。

しかし水晶体の濁りが更に進むと、明らかな視力低下がみられるようになります。黄褐色の着色が強くなると、暗い所で目が特に見えなくなったり、一時的に近くが見やすくなったりと、視力が不安定になってきます。

更に進み、瞳の中央が外から白く見えるほどにまでなってくると、白内障が溶けだしてきてひどい炎症や緑内障を引き起こすようになります。
これは痛みをともなってくる症状です。

こうなる前に早めに病院に行き、お医者さんに相談しましょう。

白内障の手術は、この水晶体を人口のレンズと入れ替えること。
ですから、手術後は視力が回復します。

しかしまれに砕いた水晶体の一部が目の奥に落ちてしまい、さらに別の症状を引き起こす可能性もあります。(これは三井記念病院で開発された「プレチョップ法」によってほぼ心配なくなっています)

また、水晶体を入れていた袋が濁ってしまい、「後発白内障」を引き起こす可能性もあります。(手術によって改善させることができ、こちらは再発の心配はほとんどありません)

手術をしたからと言って安心はせず、視力に異常を感じたらお医者さんに相談しましょう。
ラベル:白内障
posted by chao at 18:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

若年性白内障

白内障とは、眼球の中のレンズ――水晶体が濁ってしまう病気。
これの原因は主に加齢ですが、若くして発生させてしまうこともあります。

分類としては、40歳未満で発症した白内障を、若年性白内障と呼んでいます。

年齢とともに進行する病気ですので、実際の年齢が若くても発症してしまう可能性があります。
実年齢と身体年齢は違いますから。

原因は、身体の中は思ったよりも歳をとっていた……というのもありますが、目のけがや網膜剥離手術や硝子体手術、緑内障手術など、目の手術を受けた場合。

また、ブドウ膜炎などの目の病気。糖尿病やアトピー性皮膚炎、栄養失調も若年性白内障の原因になります。
しかし、発症しても、原因が特定できないことが多いです。

上記のような原因だけではなく、遺伝や放射線・赤外線の影響、副腎皮質ホルモン・ステロイド剤・抗精神病薬などの副作用として白内障を発症させる可能性があります。

意外と落とし穴なのは、若いころの眼のけが。
完治していた目のけがでも、年齢を重ねるとそれが原因で発症させる可能性があります。

若いころに目に打撲を受けていた場合も、歳を取ってから白内障が発生する可能性があります。
こういった白内障を「打撲性白内障」と呼んでいます。

アトピー性皮膚炎が原因で発生させた場合、網膜剥離を引き起こす可能性が通常よりも高くなっています。
まぶたや目のかゆみのため、目をこすったり叩いたりすることが多いからです。

また、元々のアレルギー体質も原因になるようです。
ラベル:白内障
posted by chao at 08:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

白内障の原因

白内障の主な原因は、加齢です。
これは誰でも避けて通れない道です。

80歳以上になると発症率はほぼ100%ということですから、完全に防ぐことも難しい病気です。

しかし、次の項目に当てはまる方は白内障の発症率が高く、症状の進行も早くなると言われています。
・目に外傷を受けた人
・コルチコステロイド薬など、特定の薬を長期間にわたって使用していた人
・目の周囲に放射線(X線)療法を受けたことがある人
・目の炎症性疾患や感染症にかかっている人
・糖尿病にかかっている人
・瞳の色が濃い人
・直射日光に長時間さらされていた人
・栄養状態がよくない人
・喫煙する人

私が個人的に注目しているのは、下から三番目の「直射日光に長時間さらされていた人」の項目。

禁煙や食生活の改善が健康のためになることは今や常識です。
直射日光も、肌によくないことは有名です。

でも、眼球に届く直射日光にはほとんど無関心なのではないでしょうか。

紫外線は、白内障だけではなく、他の様々な眼の病気の原因となることが最近の研究で明らかになってきているそうです。

具体的に言いますと、強い紫外線を短時間浴びた後に生じる充血、角膜炎などの急性障害。
それ以外にも、長年の紫外線被爆の蓄積により生じる白内障や翼状片などの慢性障害もあります。

普段の生活で浴びる紫外線によって生じる慢性障害は、発症までの期間が長く、自覚症状もほとんどありません。
そのためなのか、眼球への紫外線がどれだけ危険かの認知度は低く、予防のために紫外線対策を実践している人は少ないのが現状のようです。
ラベル:白内障
posted by chao at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

白内障の予防

白内障とは、眼球の中でレンズの役割を果たしている器官――水晶体が濁り、視力が低下する病気です。
殆どは加齢とともに発症し、80歳以上になると、症状の出方には個人差がありますが、発症率はなんとほぼ100%。

そんな白内障ですから、完全な予防策は残念なことに存在していません。
それでも、少しでも症状の進行を遅らせたり、視力に影響の出ない程度に抑えたりすることは可能です。

白内障は、はっきりとした原因があって発症する病気ではありません。

しかし、次の項目に当てはまる方は白内障の発症率が高く、症状の進行も早くなると言われています。
・目に外傷を受けた人
・コルチコステロイド薬など、特定の薬を長期間にわたって使用していた人
・目の周囲に放射線(X線)療法を受けたことがある人
・目の炎症性疾患や感染症にかかっている人
・糖尿病にかかっている人
・瞳の色が濃い人
・直射日光に長時間さらされていた人
・栄養状態がよくない人
・喫煙する人

上記が白内障の原因を引き起こす可能性があるわけです。
ということは、上記のようなことをしない・引き起こさないように気をつければいいわけです。

具体的には、紫外線を防ぐコーティング処理を施したサングラスを使用する習慣をつけること。こうすることで眼を太陽の光から守り、白内障を予防できる可能性があります。

タバコを吸わないことも白内障の予防になります。また、禁煙はそれ以外の面でも健康によいことです。

糖尿病を予防するために適度な運動と栄養バランスのとれた野菜中心の食生活を。
すでに糖尿病と診断されている場合は、お医者さんと相談しながら自分の血糖値をしっかり管理するようにしてください。

食生活ではビタミンC、ビタミンA、カロチノイド(ほうれん草やケールなど、濃い緑色の野菜に多く含まれている色素)を多く摂取すると予防できる可能性があるそうです。

更年期以降の女性では、エストロゲンというホルモンの補充が予防に役立つ可能性がありますが、白内障予防だけを目的にエストロゲンを使用すべきではありません。副作用を引き起こす可能性があるからです。お医者さんとよく相談して下さい。

長期にわたってステロイド薬を使用している場合は、他の薬に変更できないか、お医者さんに相談してみるのもいいかもしれません。
ラベル:白内障
posted by chao at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

三井記念病院と白内障

白内障手術(プレチョップ法)で有名な病院と言えば、三井記念病院。
眼科部長の赤星隆幸(あかほしたかゆき)先生こそが、プレチョップ法を開発した先生なのです。

赤星先生は、プレチョップ法という画期的な白内障手術を発案しましたが、プレチョップ法に対しても、プレチョップ法に使う器具、プレチョッパーに対しても、特許を取っていません。

特許を取ると器具の値段があがり、敷居が高くなります。
すると必然的に、このプレチョップ法の導入が難しくなります。

赤星先生はより多くの眼科医にこのプレチョップ法を導入してほしいという思いから、あえて特許は取らなかったそうです。

三井記念病院は以下の場所にあります。
所在地:東京都千代田区神田和泉町1番地
電話:03−3862−9111(代表)

三井記念病院には、眼科だけではなく、以下のような科もあります。
内科、神経科、呼吸器科、消化器科、循環器科、小児科、外科、整形外科、
脳神経外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、
放射線科、麻酔科、歯科・歯科口腔外科

最寄り駅
〈JR線の場合〉
 秋葉原駅下車、昭和通り口より徒歩7分

〈東京メトロ日比谷線の場合〉
 秋葉原駅下車、1番出口より徒歩6分

〈都営地下鉄新宿線の場合〉
 岩本町駅下車、A3・A4出口より徒歩10分

〈都営バスご場合〉
 「東42乙」系統(南千住〜秋葉原駅)
 三井記念病院前下車、徒歩1分


三井記念病院のスローガン:「最新・最良の医療を提供し、社会に貢献」
ラベル:白内障
posted by chao at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

白内障プレチョップ

白内障の手術と言えば、眼球の中にあるレンズの役割を持っている器官――水晶体を取り出し、代わりに人工のレンズ(眼内レンズ)を埋め込む手術が一般的です。

この手術も比較的安全性の高い手術ですが、超音波で水晶体の核を砕く際、水晶体の袋の後部――「後嚢」を破損してしまう可能性もありました。

この「後嚢」が破れてしまうと、水晶体の核の破片が硝子体の中に落ちてしまい、ひどい場合は感染症や網膜剥離を引き起こし、最悪失明する可能性もありました。

そういった危険性を回避するために考え出された白内障手術が、「プレチョップ法」と呼ばれる白内障手術です。

プレチョップ法とは、手術で水晶体を取り出す際に、プレチョッパーと呼ばれる特殊なピンセットを使い、水晶体の核を4つに割っていきます。そうする事によって固い水晶体の核を超音波で乳化します。この方法だと水晶体の吸引が容易になります。

その後、従来と同じ方法で眼内レンズを入れます。

このプレチョップ法での白内障手術は、成功率がほぼ100%と言われています。

片目にかかる手術時間は約3分。
日帰り手術も可能です。

手術時間も短く、傷口も最小限で済む事から、患者さんへの負担もかなり軽減されています。

眼内レンズには保険が適用されます。
状態や病院によって異なるかもしれませんが、相場はだいたい、片目で25万。
そのうちの何割か(通常は3割)が自己負担になります。

このプレチョップ法ですが、まだ行っている病院が少ないのが現状です。
プレチョップ法での白内障手術を希望する場合は、その病院がプレチョップ法を導入しているかどうかを確認する必要があります。
ラベル:白内障
posted by chao at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

白内障とサングラス

一般的に白内障は老齢化によるものなので、残念ながら完全に予防する方法はないというのが現状です。
ですが少しでも発症を遅らせることはできます。

白内障になる原因の一つに、紫外線があります。
紫外線が眼球の角膜を通過し、奥の水晶体をじわじわと損傷させていくからです。

初めは水晶体が少し濁る程度ですので、大した自覚症状はありません。
ですがひどくなると黄色く変色させてしまうこともあるようです。

自覚症状としては、初めは昼間は以上に光が眩しく感じられ、夜には光が足りないなと感じるようになります。

紫外線による白内障を防ぐには、眼球を紫外線にさらさないことが大切です。
でもそれって、簡単にできることではないですよね。

昼間は絶対に外に出ない……なんて無理ですし、そんな人生は面白くありません。
人生を面白く過ごすために、病気を予防しようとしているわけですから。

最も手軽な方法は、サングラスをかけることです。
サングラスによって紫外線を遮断させるわけです。

この時気をつけるべきなのは、UVカット加工されているサングラスを選ぶことです。
UVカット加工されていないサングラスでは、裸眼のまま街を歩いているのと同じです。

いや、それよりももっと悪いことになるかもしれません。

サングラスによって視界が暗くなると、眼(瞳孔)は光を入れようと大きく開きます。
紫外線対策されているサングラスならそれでもいいのですが、紫外線対策されていないサングラスではダイレクトに紫外線を取り込むことになってしまいます。

これでは白内障を早く進行されるようなものです。
ラベル:白内障
posted by chao at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。