スポンサードリンク


人気ブログランキングへ

2008年04月16日

猫の白内障

白内障は人間だけの病気ではなく、猫にも起こります。
猫の眼球にもレンズの役割をする器官「水晶体」があり、これが濁ると起こります。

猫の白内障には様々な原因があります。
傷や炎症による外傷性のものや、糖尿病による代謝性のもの、薬物による中毒性のものがあります。

猫の場合はケンカなどによる外傷性なものが原因であることが多いです。
人間と同じように、加齢が原因となる場合もあります。

治療法として行われているのは、点眼薬(目薬)を利用した内科療法です。
しかしこれでは白内障の進行を抑えるだけで、白く濁った水晶体を元に戻すことはできません。

人間と同じように手術することも可能ですが、人間と違い困難な手術になってしまうため、成功率は50パーセントと低め。
しかも失敗すると失明という、かなり大きなリスクを背負っての手術となってしまいます。

ですから猫の場合は、点眼薬によって進行を遅らせたり、予防したりする治療法が一般的です。

猫同士のケンカはなかなか防ぐことができないかもしれません。
ですがせめて家の中では、あまりけがをさせないように工夫してみましょう。

また、糖尿病も猫の白内障の原因になります。

餌は健康志向な餌を使用し、定期的に検診を受けさせることも忘れないようにして下さい。
体質改善と免疫力を高めさせることで、リスクを減らすことができます。

猫が白内障にかかっているか大丈夫なのかを確かめるには、猫の行動をよく観察することが大切です。
よく何かにぶつかるようになっていたら要注意。

ただし慣れた場所なら見えなくてもスイスイ歩けちゃったりしますので、家の中で飼っているなら意図的に障害物を置いてみてもいいでしょう。
もちろん、けがを負わせない程度に。
ラベル:白内障
posted by chao at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

ステロイドと白内障

白内障とは、眼球の中のレンズの役割をする器官「水晶体」が濁る病気のこと。

そしてステロイドとは、副腎皮質ステロイドホルモンというホルモンのことで、身体を維持するために重要な働きをしています。
ステロイドには炎症を抑える作用と、免疫の働きを弱めてアレルギー反応を抑える作用があります。

今日は、白内障とこのステロイドの関係についてお話させて下さい。

ステロイドが原因になることがある、ということは知っていますか?

アトピー性皮膚炎などに使われるステロイド内服薬を長い間飲み続けると、白内障がおこることがあるようです。
軟膏タイプのステロイド剤も、顔に少しだけ塗る程度なら問題ないようですが、全身に塗ってしまうと多くの成分が皮膚から吸収されてしまうので、結局は内服していることと同じ状態になってしまいます。

最近はアトピー性皮膚炎の治療でも内服用のステロイド剤を処方する皮膚科は少なくなっているので、ほとんどは皮膚からの吸収で発症すると言われています。

ここで誤解を招かないように言っておきますが、ステロイドそのものは決して悪い薬ではありません。
よく麻薬のように扱われていることがありますが、ステロイドはれっきとした医薬品です。

確かにステロイドを長期に内服すると、糖尿病や高血圧、骨粗しょう症などの副作用がおこることもあります。
ですがステロイド外用薬(軟膏タイプの薬)では、かなり強いものを1日10g以上、数カ月塗り続ける……といったような乱暴な使い方でない限り、全身的な副作用は起こりません。

基本的にステロイド剤はお医者さんから処方されるものですから、お医者さんの指示に従うようにして下さい。
ラベル:白内障
posted by chao at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

アトピー性白内障

一般的に白内障は、年齢を重ねることで起こる病気です。
ですがどの病気にも例外があるように、例外はあります。

生まれつきの水晶体が濁ってしまっている先天性白内障もそうですし、今日お話しするアトピー性白内障も、年齢に関係なく起こります。

アトピー性白内障とは、アトピー性皮膚炎の併症として起こる白内障のことです。

その原因ははっきりとは分かっていません。
今一番有力だと思われているのは、外傷説。

かゆみを我慢できずに手でこすってしまったり、かゆみを紛らわすために強く叩いてしまうことによって起こるのではないかと言われています。
一時的にそうしただけなら大丈夫ですが、こすったり叩いたりを何年も続けていると、それらが原因で水晶体が濁ってしまうことになります。

予防は何よりも、眼球に不必要な刺激を与えないようにすること。
定期的に眼球を検査し、皮膚科のお医者さんとも相談しながら、アトピー性皮膚炎の治療を進めていきましょう。

アトピー性白内障は眼をこすったり叩いたりの積み重ねで出てくる症状ですから、幼児にはあまり出ない症状です。
よく出てくるのは、10代後半から。

小さいうちから親が子供の仕草を気にしておく必要があります。
子供がよく目をこすっている、よく目を叩いている、といったことがあるなら要注意。

お医者さんに相談した方がいいかもしれません。
力付くでやめさせるのはちょっとかわいそうです。

子供はかゆみに耐えられずにそういった仕草をしているのですから。
根本的な原因を取り除いてあげましょう。
ラベル:白内障
posted by chao at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

白内障の治療

白内障の治療にはどんなものがあるのでしょう。

……実は白内障の場合、症状を改善させるには手術によって濁った水晶体を取り出し、代わりに人工のレンズを入れるしか方法はありません。
ただこの手術は簡単なものなので、それほど悲観するものではありませんが。

白内障と診断されても日常生活に支障がないのなら、無理に手術を受ける必要はありません。
その場合は点眼薬(目薬)によって白内障の進行を遅らせる方法がつかわれます。

これは進行を遅くするためのものですので、症状を改善させたり、視力の回復を助けるものとは違います。
進行を遅らせるだけですから、いずれは手術を受ける必要が出てくるかもしれません。

進行には個人差があります。
日常生活に支障が出るようになったら、お医者さんと相談の上で手術を検討しましょう。

白内障以外の病気を持っておらず、家族からの協力も得られるのなら、日帰りでの手術も可能です。
ただし数日間の通院は必要です。

手術のあとは目がかすんだりといった症状も出るため、家族の付添いも必要となってきます。

手術の麻酔は点眼か注射による局所麻酔です。
意識はありますので、術中は顔や身体を動かさないように気をつける必要があります。

おそらく手足も頭も固定されると思いますが……。

手術時間は10分から30分ほど。
日帰りも可能な手術ですから、通常は入院するとしても少ない日数で済みます。

切開するのは今ではわずか二ミリから三ミリ。

眼内レンズも、眩しさを和らげる色つきの眼内レンズや、多焦点レンズなど、選べるようにもなっています。
はっきり言ってメジャーな手術ですので、気軽にお医者さんに相談して下さい。
ラベル:白内障
posted by chao at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

犬の白内障

眼球のレンズが濁る病気「白内障」は、人間だけのものではありません。
犬にも起こります。

犬で最も多いのは、老齢性の白内障です。
言葉の通り、老化が原因で起こります。

治療法としては人間と同じで、眼帯の中の水晶体(レンズの役割をしている器官)を摘出することです。
ただこの手術は人間とは違いかなりの高度な医療技術が必要となりようで、手術の前にも専門的な検査をしなければいけません。

状態によっては白内障手術をしても視力が回復しないことがあるからです。

手術によって回復の見込みがあるのか。
それを判断するには「電気網膜図」を取ったり、超音波によって眼球内の様子を探ることになります。

ですがこれだけの医療技術と設備を持った動物病院はあまり多くありません。
事前に動物病院の設備や医療技術を調べておく必要があります。

最近では、初期の白内障には点眼液による治療で済ませていることも多いです。
完治は難しいですが、ある程度なら進行を遅らせることができるのではないかと言われています。

愛犬への白内障手術が効果的なのか駄目なのか。
それを判断する簡単な方法があります。

用意する物は、フラッシュ機能つきのカメラ。

犬を真っ暗な部屋に入れます。
小さい部屋の方が効果的と言われています。飼い主さんも一緒に部屋に入って下さい。

暫く経って目が慣れてきたら(ここで慣れてこないようなら、飼い主さんも白内障にかかっている危険性があります)、犬の眼球から10センチほど離れた所から、フラッシュ付きでシャッターを押します。

この時犬がフラッシュにおどろいたら、回復の見込みがあると思って下さい。

この検査は、左右両方の眼に対して行って下さいね。
posted by chao at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

後発白内障

一口に白内障と言っても、幾つかの種類があります。
ここでは「後発白内障」についてお話しさせて下さい。

医学の進歩のおかげで、かかっても、濁った水晶体を取り除き代わりの人工レンズ(眼内レンズ)を埋め込むことによって、元の視力に戻すことが可能になりました。

ですがせっかく手術で視力を回復させても、その後また視力が落ちてくることもあります。
別の病気で視力が落ちるケースもありますが、一番多いのは後発白内障と呼ばれる疾患による視力低下です。

手術の際、濁った水晶体の代わりに入れる眼内レンズのために、水晶体の袋は残しておきます。
後発白内障とは、水晶体の袋に濁りが生じる疾患です。

ただこの現象、手術を受けた人のほとんどに表れているのです。
しかしほとんどの場合は視力に影響することはなく、そのまま何も気にせず生活することができます。

視力に影響が出てくるようになると、治療が必要になります。

現在行われているのは、レーザーによる手術です。
手術といってもとても簡単なもので、30分程度で終わります。入院も眼帯も必要はありません。

特殊なレーザーを眼球にあてて、濁った袋の真ん中部分だけを破ります。
袋そのものは残っているので、眼内レンズがずれる心配はありませんし、真ん中部分が破れていることでもう濁りの心配もなくなってきます。

この後発白内障、今の時点でははっきりとした原因が分かっていません。

ですが決して重い疾患ではないので、定期的な検査を行っていればとりたて心配するものではありません。
ラベル:白内障
posted by chao at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

先天性白内障

一口に白内障と言っても、幾つかの種類があります。
今日は「先天性白内障」についてお話させて下さい。

眼球の中のレンズが濁る病気「白内障」は、一般的には年齢を重ねる事ででてくる症状です。

先天性白内障とは、赤ちゃんがお腹の中にいる時――つまり妊娠中に赤ちゃんの眼球のレンズが濁ってしまい、生まれつきなってしまっているものです。片目だけの場合もありますし、両目ともに患っている場合もあります。

赤ちゃんに自分の視力の異常を訴える力はありませんから、ここは周囲の人が判断するしかありません。
特徴としては、赤ちゃんの片目、または両目の中心が白っぽくなっていたり、濁っていたりしています。

通常、この部分は黒眼の他の部分に比べて更に暗くなっている部分です。

先天性白内障は、お母さんの健康状態や遺伝の結果として起こります。
妊娠中にお母さんが風疹にかかることが原因としてよく知られていますが、実際はよく分かっていないのが現状です。

ただ、先天性白内障の発症率は年々低くなっているようです。

水晶体が完全に濁っている場合は、生後すぐに手術を行い、水晶体を摘出する必要があります。
少し成長して体力がついてから……と思われるかもしれませんが、小さい頃からものを見させないと弱視になってしまいます。

完全に濁った水晶体ではものを見ることができないので、手術が必要なのです。

手術は全身麻酔で行われます。
将来的に目が成長していきますので、ほどんどの場合、焦点を固定するための代わりのレンズ(眼内レンズ)は入れません。

ですから、手術後はメガネやコンタクトレンズで視力を矯正することになります。
ラベル:白内障
posted by chao at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

白内障手術

一度白内障にかかってしまうと、メガネやコンタクトによる視力矯正ではおぎなえなくなります。
しかも年齢を重ねていくとほとんどの方に現れる症状です。

「じゃあ、もうどうしようもないんじゃ…」と思わず悲観してしまいますよね。

ですが、そんなに悲観する必要はありません。
今は白内障の研究も進んでいますので、手術によってほぼ元通りの視力に戻すことが可能になりました。

今日は、手術はどんなものなのかをお話させて頂こうと思います。

眼球の中には「水晶体」と呼ばれる透明な円盤の形をした器官があり、ここが濁ってしまうことで症状が出てきます。
この水晶体を何とかするのが白内障手術です。

以前は水晶体をそっくり取り除くことが手術でした。
ですがこの方法では、手術の後に度の強いメガネが必ず必要になっていました。

ものを映す水晶体を取り除いてしまったのですから、それの代わりになるものが必要になってしまうからです。

現在は水晶体を取り除いた後、「眼内レンズ」と呼ばれる小さな人工レンズを眼球の中に入れています。
これが水晶体と同じ役割をしてくれますので、元のままの視力に戻すことができるのです。
手術後の度の強いメガネも必要ありません。

この眼内レンズのおかげで、白内障手術の治療効果がぐっとあがりました。

それだけではなく、手術そのものも大きく進歩しています。

水晶体を取り除くのも、小さな傷だけをつけて、あとは超音波装置を使って水晶体を取り除き、代わりに眼内レンズを埋め込む、「超音波白内障手術」が行われています。

今は眼内レンズも保険適応となっていますので、手術を検討・受けられる方も多くなっています。
posted by chao at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

白内障とは

白内障とは、簡単に言うと眼球の中にあるレンズの役割を持った機関が濁ってしまう病気です。

殆どの場合、それ老化によって起こります。
顔にシワができたり、髪が白くなったりするのと同じです。

白内障が進行すると視力が下がり、日常生活もうまくこなせないようになってしまいます。

これは実は殆どの人がかかってしまう病気で、だいたい40歳代頃から進行しはじめます。
50歳代では四割から五割の方が、60歳代では六割から七割の方が、70歳代では八割から九割の方が、80歳以上ではなんと、ほぼ十割の方が症状を持っていると言われています。

一度なってしまうと、視力の低下を矯正する事ができません。
通常の視力の低下とメカニズムが違うので、メガネやコンタクトレンズで視力を矯正することができないのです。

白内障にかかると、以下のような症状が現れます。
・ものがかすんで見える
・ものがぼやけて見える
・家の外で、光がまぶしくてものが見にくくなる
・逆光でものが見えなくなる
・夜、車のヘッドライトが異様に眩しく感じられる
・メガネを調整してもものがよく見えるようにならない
・ものが二重、三重に見えるようになる
・暗い所では何も見えない(時間を置いても目が慣れてこない)
・目が疲れやすい
・裸眼ではかる視力がやや不安定
・鮮やかなものを見ても鮮やかさを感じられない

白内障は誰にでも現れる症状です。
年々進行していくものですから、定期的な検診が必要になってきます。
ラベル:白内障
posted by chao at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。